ドルの注文

ついに投資すると時という状況では、まずは下準備をしなくてはいけません。

 

取引を行う前であるならば出来事を合理的に見ることが出来ます。

 

だけれども、いったん相場の内側へ飛び込んでしまうと何をしても捉え方が偏ったものになり、肝心な時にちゃんとした判断が分からなくなるリスクがあります。

 

それゆえに己の頭が冷静な時に、準備する事が大切です。

 

その"準備"とは、あなたの台本を記す事から開始します。

 

将来の市場はこうなってああなるから、この外貨を買う(あるいは売る)みたいに、自分の台本を書いていきます。

 

次に時間足チャートを見ましょう。

 

それまでの市場の動きをチェックして、今日の値段を確認する。

 

そうすると、「現在はかなり安い場面にある」など、そうでなければ「今となってはたくさんの人々が取引しているからこの後自分が買い(または売り)しても手遅れだな」などと見えてきます。

 

言うまでも無く売買するのがなすすべがないと感じたならば何もしないで、その場面では潔く割り切ることが重要です。

 

無理に自分なりのストーリー展開を譲らずに、諦めずに新しく注文すると、外国為替相場に押し返されてそればかりか損をすることになります。

 

とは言っても大体のケースで緻密な自分自身の物語を考えておけば、仕かけるのが間に合わないなという状況にはならないだろう。

 

たぶん、実際に外国為替市場が上下動する前の状態のはずです。

 

次に、差し当って自らがとろうとしている外貨の推移を、じっくりと確認する事が肝心。

 

例としてドル高に向うだろうというシナリオを記したのであれば、該当する外貨の変化に注目する事が大切です。

 

相場の変化を注意を払い始めた状態ではドルは誰の眼にも明らかに動く雰囲気を見せないで、上下に小幅な変動を繰り返しているだけでしょう。

 

ところが、その変動をちゃんと確認しているとあるポイントでじりじりとドル高へとマーケットが動き始めてくる。

 

このタイミングでようやく、ドルの注文をします。

 

通常は、これだけ念入りに事前準備を考えておけばその取引で勝利する率はかなり高くなります。

 


次の記事も読んでね!!

  1. ドルの注文
  2. テスト