中学受験する児童の励まし方

 これから中学受験をしようというお子様をお持ちの父兄の方々は、様々な不安や心配を抱えてらっしゃることと思います。
 そんな中でも繊細で多感な10代との接し方、特に励まし方というのは悩みの種でしょう。
 中学受験は、児童にとって大きなストレスとなります。
 過度なストレスは害悪ですが、適度なストレスはパフォーマンスを向上させることが分かっています。
 ポイントは、児童の状況をよく観察し、ストレス状況に応じた対応をするということです。
 一例として、テストの点数が悪かったとしましょう。
 ここで安易に慰めたり、逆に叱咤したりしてはいけません。
 点数が悪かったのには原因があります。それが児童の努力、精神的部分にあるのかどうかを見極めましょう。
 努力したにも関わらず、結果が出なかったのであれば、慰め、ストレスを緩和します。
 努力を怠ったために、結果が出なかったのであれば、叱責し、改善していきましょう。
 中学受験において励ますとは、児童の努力を正しく評価し、適切な言葉をかけることと言い換えられます。
 それを一番上手くできるのは、児童ともっとも距離の近い親御さんです。
予め情報を集めるなら中学受験情報NEWS01が詳しく書いてあります。